スイス de おひとりさま

スイスから、おひとりさま情報発信します

~国民投票*Covid-19に関する法改正~

欧州で広がる“分断”家族内でも割れる接種の是非(2021年11月23日) - YouTube

また国民投票でした

先週末11月28日に、またスイスで国民投票がありました。今回の3つの発議案のうちで一番の争点は「Covid-19に関する法の再度改正」です。企業やフリーランスで仕事をする人たちへの経済支援や、ワクチン証明書の提示義務拡大等が盛り込まれた法への関心率は高く投票率は65.7%でした。

なぜまた投票かと言うと、反対派の、ワクチン証明書の提示イコール、ワクチンを強制するもので打たない人への差別につながる、選択の自由が奪われるなどの意見からだそうですが・・・

 

Covid-19法

Covid-19法では、経済支援から現在の証明書提示義務等までの内容が盛り込まれていますが、今回の再改正可決に伴ってさらに証明書の提示義務が拡大されて、イベントなどの規制も強化されることになりました。私個人は、よかったと正直思っています。

現実的に、「自由」で感染は止まりませんから!

ここ数週間でまた感染者がうなぎのぼりで、去年の1万人越えアゲインです。

10-19歳の子供たちに多く感染しているようです。あとは、ワクチンの未接種者たちが広めている。医療現場のひっぱくは深刻です。

 

Covid証明書の提示

すでに9月末から来年1月末まで、カフェやレストラン入店の際は必ずワクチン証明書の提示義務が法化されました。他にも、文化、スポーツ、レジャー施設。美術館、博物館、図書館、動物園。スポーツクラブでのトレーニング時、室内プール、ジムなどなど。

さらに、劇場、映画館、コンサート会場。来週6日から、大規模イベントでは1000人以上で証明書提示となっていましたが、300人以上に引き下げられるそうです。

 

Covid証明書とは、すでにり患して回復している証明、72時間以内のPCR検査の陰性証明、または抗原簡易検査での24時間以内の陰性証明で、これらがあれば上記の施設やお店にも入ることができます。

 

不思議なのは

人権の自由なのか?

雇主が、被雇用者に対してワクチンの強制ができないことなのですが、これらの矛盾点もこれから改善してほしいものです。

先日、ある小さな村の小学校で教師二人がワクチン接種を拒み、そのせいで子供たちにクラスターが起きると言う最悪の事態になりました。小学生に意見をされても、教師たちは打つなら辞めるとのたまったそうです。

それなら、どうぞお辞めくださいと言いたい!

 

あやまった認識をしている人が多すぎる

ワクチンを打てば、100%感染しないと思っている人が多いことに驚きます。

あくまでも、「予防接種」だということを理解してほしいなと思います。

ワクチンは確かに強制ではありませんが、よほどの持病がない限り接種することで、もしり患しても重症化しないことは、証明されています。

自分の自由を主張することは、美しい!!ことかもしれませんが、子供たちをあずかる教師、レストランの給仕、食品を扱う人達など自分以外の人間にどうしても関わる人は責任を感じていただきたいと心から思います。

 

現在、860万人の小国スイスではまだ接種率は70%に達していません。

10倍以上の人口を抱える日本が、出遅れたとは言えすでに8割近くの人たちが2回接種済みなことに驚きます。これも国民性のなせる業なのでしょうか?

欧米人の悪いところは上から言われて強制されることが「ただ、キライ!」と言う人が多すぎることです。自由、人権と言いますが日本人の私から見ればただの「ジコチュウ」にしか過ぎません。

強制されることが嫌いなくせに、他人には威圧的に上からものを言う人たちが多いと感じるのは私だけでしょうか。

~健康について*骨粗しょう症~

f:id:matchacookie:20211201042159j:plain


Osteoporose(オステオポローゼ)って知ってますか?

オステオポローゼはドイツ語ですが、日本語で言えば骨粗しょう症です。

加齢や生活習慣によって骨の量が減少して骨がスカスカになり骨質が劣化することだと添付の資料にも書かれています。

 

先日、日本のテレビ番組を見ていたら10代の高校生が無理なダイエットをして髪が白髪になって、骨もボロボロで骨粗しょう症だと診断された!と言うストーリーのドラマがありました。

いまどきの、特にティーンエイジャーならあり得るかもしれません。スイスでも過度なダイエットで入院するケースがけっこうあるみたいです。過食症、糖質ダイエットなど、中には、スーパーフードブームでもてはやされたQuinua(キヌア)を食べ過ぎて病院に運ばれたケースもあると聞きました。

 

骨粗しょう症になりました

実は私も他人のことは言えず、今から8年ほど前の50代前半、更年期真っ盛りの頃に「骨粗しょう症」と診断されて、ものすごくショックを受けました。

骨粗しょう症なんて、老人の病気だと思い込んでいて、日本の母がその診断を受けたのも60代後半に入ってからでした。

50代前半で骨粗しょう症になるなんて!!どうして?なんで?何か間違ったものでも食べた?日本みたいに魚を食べられないから?と頭の中はパニックでした。

 

なんか変?

今思えば・・・

横断歩道を渡る際に、信号が変わって段差を降りたそのとき腰にかくっと音が鳴るような違和感があったり、腰の骨がずれるような、少し痛みもありおかしいなあとは思っていました。

その当時車の運転もしていて、ほんの近くでも車で出かけてしまうような悪い習慣もあり、要するに、運動不足なのかなあと単純に考えていたのですが。

 

骨密度検査

50歳を過ぎて更年期障害が始まり、婦人科検診で乳がん検査のマモグラフィーを受け、医師曰く、ついでに「骨密度」検査も受けた方がいいよと言われるままに何も考えず検査を受けたのが始まりでした。

まさか、自分が骨粗しょう症だったなんて夢にも思いません。

マモグラフィーも骨密度も、異常がなければ結果の手紙が届いてOKのはずが、骨密度検査の結果を先生と会って話すお知らせが届きました。

結果を聞いてガ~~~ン!!15%以上もの骨量が減少していて間違いなく「骨粗しょう症」ですと言われてしまったのです。

 

検査&検査

骨密度を測ったあとは、血液検査。そして尿量を24時間計った記憶があります。骨の新陳代謝を調べたり、食事内容の把握や、溶けだしている栄養素などを調べたのだと思います。

 

治療開始

2014年から薬の服用が始まりました。骨密度測定は2年おきです。

骨を再生させるとは言っても、ただやみくもにカルシウム剤を飲んだり、魚を食べまくったりしても骨はもとには戻りません。

現在も大きく変わってはいないと思いますが、一番一般的な治療薬は「ビスフォスフォネート製剤」です。骨量を増加させて、骨折抑制に効果があるとされています。

多種多様な副作用があると、薬の説明書には書かれてあったので不安でしたが幸い大きな副作用はなく治療も進んで行きました。

ただ、困るのは歯科治療の際に歯を1本抜くだけでもこの「ビスフォスフォネート」のせいで「顎骨骨髄炎、または壊死」が起こる可能性があると言うことで。

街の歯医者さんではなく、大学病院まで送られて抜歯することになった次第でした。

 

それから4年

骨密度を定期的に測り、食生活も見直して、歩ける距離は歩くと心に決めて、車も必要以外乗らないようにしました。

おかげさまで、2017年の2回目の検診までには骨が落ち着いて、身長もそのまま、骨折もなしで過ごすことができました。車もお金がかかるのでやめて、今は必要に応じてカーシェアリングを利用しています。

 

サプリメント

f:id:matchacookie:20211201062041j:plain

    日本から取り寄せているサプリメントMBP

 

2017年からは薬をやめています。その代わりに処方箋が必要な濃縮「ビタミンD3」を週一2ml服用し、食生活にも気を使っています。あとは、日本から購入しているサプリメントのみ。医者には内緒ですが。

ここ数年、ビタミンD3はカルシウムとのコンビネーションだけでなく、免疫力アップのビタミンとして注目されるようにもなってきました。

特にスイスのように、冬の日照時間が極端に少ない国ではこのビタミンDの服用や食品からの摂取も大きな免疫力アップになると思います。

MBPに関しては、日本では今では知らない人はいないくらいのサプリメントだと思いますが、スイスでは誰も知りません。私も、信じて飲み続けていますがこれが効いているのか、ビタミンDや運動が効いているのかは・・・?

2022年1月にまた、骨密度検査をします。コロナ禍で、運動不足もあったこの2年間、骨密度がどうなっているのか少々不安です。

~サプライズ!バースデープレゼント~

f:id:matchacookie:20211114043637j:plain

すしコース
スイスでそろう材料は、マグロの赤身、サーモン、ゆでエビ、玉子焼きなど

 

サプライズプレゼント

9月の私の誕生日の時に、アパートの住人に簡単なのり巻きを作ってふるまった話は以前のブログで書きました。

その後、それまですしの存在を知りながらも、まったく口にしたことのないおばあちゃんたちが感銘を受けて、感謝のメールや花までプレゼントしてくれたこともお知らせしたと思います。

しばらくして、隣人の75歳のおばあちゃんから突然のオファーが!

息子の嫁が50歳の誕生日を迎えるにあたって、何かサプライズをしたいので料理を提供するか、料理教室を開いてほしいと頼まれていました。

 

 

f:id:matchacookie:20211114045340j:plain

          すし盛り合わせ例

   スイスなら、こんなセットでも20フラン(約2,000円)以上します!

 

料理教室

私は、以前住んでいたBiel/Bienne、 Nidauではカルチャースクールに属していて、定期的に料理教室をしたり、個人でも時々教えていました。主に、家庭でできるような「Sushi」や海外での定番日本食「Teriyaki」「Gyoza」最近では「Bento-Box」などがメニューです。

 

f:id:matchacookie:20211114053525j:plain

Bento-Box
鮭のてりやき、鶏のから揚げ、春雨サラダ、きのこ炒めに季節のフルーツ

 

コロナ禍になって、昨年ここBernへ引越をしてからはまったくその機会もありませんでした。

残念ながら、オンラインではいろいろな意味でハードルが高いし、みんなが同じ材料をそろえることがむずかしい外国ではなおさらのこと。

 

ディスカウント

さて・・・

隣りのおばあちゃんに、食事を作るならお弁当とか、教室ならすし?などなど、いくつかの例を見せたのですが。

異国で日本ごはんの材料や器具をそろえることの大変さと、スイスでの平均的バイト代をプラスすると、提示料金が年金生活者には高すぎると言われ。結局のところかなりディスカウントされてしまいました。

かといって、断ることもできず。

 

結果オーライ

まあ・・・

結局のところ、おばあちゃんの息子さん夫婦はとても喜んでくれて、彼女のサプライズプレゼントは大成功の巻でした。

お二人とも、コロナ禍でなかなか子供を置いて外食もままならない日々だったので、いい気分転換になったと言ってくれました。

「Sushi」はコロナ前はよくレストランに行って食べたそうで、日本にも興味があって自由に旅行ができるようになったらぜひ日本へ行ってみたいそうです。

~ワクチンパスポート(証明書)の意味?~

f:id:matchacookie:20211016052931j:plain

 

感染者減少

いつも、人口比から計算して日本のコロナ感染者数はヨーロッパとくらべると「さざ波」状態だと思っています。ちなみに、今日の感染者数は、日本全国で522、スイス全国で952(10月15日)です。何度も言いますが、スイスの人口は日本の15分の一です。

なので、日本は少し感染が減ったところで安心してはいけないと思います。

さらに、「ワクチンパスポート」と呼ばれる証明書が、日本ではなんだか意味のないものになっているようで仕方がありません。

スイスでは、コーヒー1杯飲むためにもお店の入り口でこのパスポートと身分証明書を提示しなければお店に入ることができません。

 

ワクチン接種証明書の使い方?

ヨーロッパでは、EU諸国やスイスのような中立諸国でも航空機での行き来においてワクチン接種証明書は大きな役目をはたしています。

これがあれば、海外へ旅行に出ても帰国の際隔離の必要はないということになっています。ちなみに日本からは、9月27日からワクチン接種証明(パスポート)、滞在許可証、り患証明書がない人たちは入国できなくなっています。

 

日本でのワクチン証明書の利用法?

まず理解不能なのは、なんで日本政府がもっと厳しくワクチン接種証明書を利用して、飲食店や、公共の施設等の出入りを制限しないのか?ということです。

そうすることで、意味もなくワクチン接種したくないと言う人達への接種を促すことができるからです。

 

ところが日本では、証明書の提示はいまだに任意であり、ワクチン接種証明書や陰性証明書お持ちの方は、宿泊代食事代割引します。

居酒屋やレストランでは、生ビール1杯無料、飲食代金割引します・・・等々の商業ベースに利用されているという「ゆるゆる」なルールのままなのは、本当に呆れます。

国は何のために、ワクチンの接種率を上げようと努力してきたのか?

また、何のためのワクチン接種証明書なのでしょうか?

 

これからが勝負です

スイスでも日本でも、人権だ自由だと言ってワクチンを拒む人たちがたくさんいます。私が住む首都ベルンでも、毎週木曜日は国会議事堂前の広場でアンチワクチンデモが行われています。

早くこのパンデミーを終わらせたい私個人としては、こんな人たちはどうでもよくて、ただ面倒なだけですが。

さらに今は全国的に秋休みの真っただ中で、この休みが終わる頃、去年の11月の様に感染が1万人越えになるのではないかという危惧も大いにあります。

今月10日からは、今まで無料で行われていたPCRテストや抗体検査も有料になり、レストランに入りたければお金を払ってテストしてからどうぞ!と言う規則になりました。

ちなみに、証明書なしでは入れないところはレストラン、バーのほか、クラブ、美術館、博物館、図書館、レジャー施設、動物園、カジノ、ジム、スポーツクラブのトレーニング、屋内プール、音楽演劇会場および練習場、コンサート、劇場、映画館など・・・。

 

この夏にも、日本では国の規制を無視して行われた音楽フェスがあり問題になってましたが、証明書提示できる人、または24時間以内に陰性証明を提示できる人だけを会場に入れられるような規則さえあれば何も問題ないじゃない?と思うのは私だけでしょうか。

~街にベンチを!~

街にベンチを

敬老の日の朝日新聞、論座に「街じゅうにベンチを!」の記事がありました。日本には、お年寄りが散歩、買い物、通院などの際にホッと一息座れる場所がないと言う内容でした。

確かに、特に東京の街には公園以外に気軽に座れるベンチが少ないなあと改めて思った次第です。ベンチを作れば、ホームレスのたまり場になりかねない。景観を損ねるようなものは見たくないと言うのが都会に住む人の意見らしいです。

 

日本にはゴミ箱も少ないので、ベンチで飲食をすれば、ゴミをその場に放置してしまうと言う問題もあるでしょう。24時間営業のコンビニ前にベンチを置けば、夜中に若者がたむろするのではないかと言う危惧もあります。休みたい、座りたいけど、危ない、汚い、うるさいでは意味がありません。

では、街の中に自然に溶け込むようなベンチ作りはどうでしょうか?

ベルンの街中では

f:id:matchacookie:20211003051516j:plain

街路樹の周囲に設置されたベンチや、建物の一部になっているベンチなど

 

 

f:id:matchacookie:20211003053047j:plain

国会議事堂裏にある公園スペースに、ベンチやランダムに置かれたいす

さて、私が住むベルンの街ではどうでしょうか。

実は、ベルンに引越していいなあと思ったことの一つに、あらゆるところにベンチや座ることができるスペースが設置されていて、気軽に腰を下ろしたり、お茶を飲んだりすることができることなんです。

中には、バス停にこんなに長いベンチ(上の写真、時計回りに3番目)を置かなくてもいいのにと言うのもありますが、そのほとんどは自然に街の景観になじんでいます。

 

f:id:matchacookie:20211003044343j:plain

Bern Stadtgrün(市の緑や公園等の管理)のマークがあります

 

特に私のお気に入りは、木の周囲にぐるりと作られた丸い木製ベンチ。場所も取らないし、とてもいいアイディアだと思います。

また、建物の一部になっている石のベンチは、世界遺産である旧市街のアーケード(15-16世紀)に設置されています。雨の日でも、屋根があるので濡れずに休むことができるのです。

 

国会議事堂(噴水の写真Bundesuhaus)の裏手にある広場と公園は、天気がよければアルプスの山々が見渡せる高台になっていて、自由に入ることができます。

コロナ禍の規制が緩和された後、夏の間、買い物がてら毎日のように何か飲み物を持参しては風景を眺めていました。

もちろん、国会議事堂入り口には常に警官が待機していて、公園内も定期的に巡回しています。

 

f:id:matchacookie:20211004053830j:plain

アルプスの山々

しかし、国会前広場の噴水で遊ぶ子供たちや、議事堂の公園で山々を眺められるベンチなど東京では考えられない風景ですね。

 

ちなみに、スイスでは物乞いをする人はいても、いわゆる東京の新宿駅周辺にいるようなホームレスと言う人たちを見ることがありません。なので、景観を損ねると言われるような、ベンチで寝泊まりする人もいないわけです。

 

たかがベンチ、されどベンチ

結局、日本の街にきれいに溶け込むベンチを設置するためには、街や道路づくり計画に最初から組み込むことが理想であるわけです。そんなことは言わずもがな、なんですが。

さっと座るところもなく、ごみも捨てられない街は、そのままその国の現状をを表している気がしてなりません。

~9月は忙しい!~

9月は、誕生日から始まります

 

9月に入り、また一つ年を重ねました。

首都ベルンへ引越をして以来初めての誕生日です。以前にも書いた通り、私が住むアパートはベルン婦人団体が経営している20代から80代までの女性が住むおひとりさま専用アパートです。

基本的には、健康でないと入居できないこと、多少の障害があっても自立していないといけないと言う条件があります。

要するに老人ホーム的なものではないのですが、ルールは細かく設定されていて・・・

それは、よく言えば「一人にしないよ!」ということで、悪く言えば「おせっかい!」なのですが。例えば、毎週水曜日の午後は隣接しているレストランでお茶時間があったり、毎月最初の金曜日の夜にはアペリティフタイムがあったりします。

もちろん任意参加ですが・・・

 

入居して、早10ヵ月が過ぎようとしています。やっと24世帯の人たちの顔と名前が一致して、気軽に会話ができるようになりました。

 

 

9月最初の金曜日がやって来ました

 

f:id:matchacookie:20210907055117j:plain


スイスでは、誕生日は人から祝ってもらうものであると同時にこちらから祝ってくださいと「アピール」する日でもあります。

子供が学校に通う頃は、誕生日には「手作りケーキ!」を持参。

会社では、出勤の朝に大量の「クロワッサン」を持参して、今日が私の、僕の誕生日ですよ~~とお知らせするのです。

 

そして、2021年9月最初の金曜日。黙ってりゃいいのに、たまたま会った住人の一人にポロっと誕生日が一昨日だったことを言ってしまって、大失敗!!

これで、アペリティフに何か持参しなければいけない!と言う暗黙の了解となりました。

一番インパクトがあって点数を稼ぐなら「SUSHI」寿司しかありません!

で、写真のような寿司を持参。

ところが、その日集まったご婦人たちは、60歳以上のバリバリのスイス人たち。

今や世界中の人たちが知る「SUSHI」スイスのその辺のスーパーでも怪しい寿司が売られるくらいに浸透しているのですが。

この日参加のご婦人方のほとんどは「SUSHI」を口にしたことがなかったのです。

何が入っているのか、自分で作ったのか(当たり前だ!!)箸をどう使うのか、このグリーンのペーストは何か、黒い紙状のものは何かなどなどの質問のあらし。

こちらから、皿にのせてすすめないとなかなか手を出さないのでありました。

それでも、食べ始めると賞賛のあらしで、小さな海苔巻きを箸の左右でぐちゃぐちゃにしながら楽しんでくれました。

 

こうやって溶け込んでいくんだろうな

翌日には、なんとドアの前にカード付で1本のバラが置かれていたり、SMSが届いたりと寿司の反響の大きかったこと。いやいや、驚きました。うれしい限りです。

と言うか、これだけ寿司が浸透していると思っていたのにほとんどの人が口にしたことがないということに驚きですが。

やっぱり、ふつうのスイス人には「チーズ」と「ジャガイモ」なんですよね。

30年住み慣れた街を離れて飛び込んだ新しい世界に、こうして慣れて、溶け込んで行くんだろうなあとつくづく思った次第です。

 

 

f:id:matchacookie:20210922044442j:plain

17年が過ぎて

命日もやって来ました

9月の中旬には、亡くなっただんな様の命日もやって来ます。

17年前の土曜日と、同じように晴れた気持ちのいい土曜日の一日でした。

何年過ぎても、あの日の空と、その時の状況はよみがえってくるものですね。

私はまた年を取り、当時9歳だった息子は26歳となり、就職してがんばっています。

 

最高のタイミングでした

2019年年末、息子はスイスの兵役を終えて、年が明ければ就活を始めなければならない時期に来ていました。1ヶ月ほどのその隙間に、ふと思いついたのが母と息子で行く旅行です。

だんな様が亡くなったあと、少しだけ分けておいた遺灰をいつか彼と出会ったニュージーランドの地に連れて行ってあげようとずっと思っていました。

できれば、息子と一緒に行けたらなあと15年間思い続けてその時がやってきた気がしたのです。まさに、いつ行くの?「今でしょ」ですね。

太陽が出ない冬のスイスで暗いクリスマスを迎えるより、夏が始まる明るいニュージーランドに行けたら最高だと思い、息子に提案してみました。

 

 

f:id:matchacookie:20210922052239j:plain

30年前に通ったオークランドの英語学校

 

息子は快諾してくれて、2019年年末に東京経由でニュージーランドに行って長年の夢をかなえてきました。

翌春から今に至るまでの「パンデミック」を誰が想定したでしょうか⁈

 

本当に、あの時決断をして、旅行に行ってよかったと心から思う次第です。

~かんたんナスの焼きびたし*ある日のおひとりさまご飯~

 でか!ナスで焼きびたし

  f:id:matchacookie:20210826015854j:plain

             


やっと夏らしい暑さが戻ってきたので、ナスをフライパンて焼いて、つけ汁を作り焼きびたしを作ってみました。スイスで売られているナスは、とにかく大きくて長さ20㎝くらい直系7-8㎝はざらです。時々、種もたくさん入っていて、あくも強く美味しいナスに出会うのはなかなか難しいんですけどね。この日のナスは、有機栽培のナスです。

f:id:matchacookie:20210826020118j:plain

1.半分に切って、切り込みを入れながら2㎝幅ぐらいに半月切りにして、水に浸けて    あく抜きします。

2.今日は、特別に日本人の友人にいただいた貴重なシソを最後に飾りたいので千切りにしておきます。

f:id:matchacookie:20210826051648j:plain      

            つけ汁はガラスの容器に混ぜておきます

 

3.フライパンを強火にかけて、オリーブ油を熱し、まず皮の面を下にして並べます。皮がぱちぱち音を立てて火が通り、きれいな紫色になったらひっくり返してお酒を大さじ2杯回しいれ、ふたをして中火で蒸します。

4.上の写真がお酒を入れて数分蒸した後です。

5.ここへ出し汁または水を適量入れてナスに火を通します。

6.つけ汁を作ります。

 

・出しまたはチキンブイヨンなど150㏄

・しょうゆと米酢各大さじ4

・砂糖 大さじ2

・すりおろししょうが 適量

・ごま油 小さじ2

・細ネギまたはアサツキのみじん切り 適量

・お好みで七味少々 

 

七味以外を全部混ぜておきます。

7.ナスに火が通って柔らかくなったら、熱いうちにつけ汁に入れて粗熱をとり、冷蔵庫で冷やします。食べる前に、シソをのせて、お好みで七味をふります。

ご飯のお供に、お酒のおつまみにしても美味しいです。

 

アレンジ

f:id:matchacookie:20210826055310j:plain

      冷やし中華風に、冷たいパスタにのせても美味しいです